トイレの水漏れ

ファイルと作業服の男性

トイレを流したあとでいつまでも水が流れ続けたり、タンクや便器の外側に水が浸み出してくるなど、トイレ水漏れはいつ発生するかわからないトラブルです。放置しておくと床が水浸しになったり、表面だけでなく床下や壁、階下の部屋まで浸水して大惨事になったり、殺菌処理や乾燥処理、床や壁の全面リフォームが必要になるなど多額の修理費がかかります。トイレ水漏れを専門に扱う修理業者はたくさんいて、24時間年中無休で応対してくれる会社も多いので、水漏れを発見したら早急に連絡することが大切です。早く修理すればほとんどの場合は最小限の被害で済み、高額の費用がかかることもありません。夜間や休日でもなるべく早く専門家に依頼して直してもらいましょう。

トイレ水漏れはある日突然起こる厄介なトラブルで、発生する原因は様々です。最も多いのは部品の劣化で、年月の経過により接続部品やパッキンが老化して水が漏れたり、ナットやねじが緩んでそこから水漏れが起こります。タンクや陶器の便器が破損したりヒビが入ってトイレ水漏れにつながることもあります。排水管の老化や、寒冷地では冬に水道管が凍結して破損し、水漏れの原因になることも考えられます。いずれの場合でも部品交換や新調などの修理が必要になるので、なるべく早く専門家に修理を依頼しましょう。最近は地元の業者だけでなく全国の業者を比較できるサイトや営業時間に決まりがなく、いつでも修理に来てくれる業者も多いので有効活用しましょう。